Main | January 2010 »

December 2009

December 28, 2009

年末のご挨拶

皆さん今日は。年の暮れも押し迫って、そろそろ今年一年を振り返る時期ですね。あなたにとって2009年はどんな一年でしたか?私の一年は、仕事上ではこうして日本の皆さんとのつながりができて、本当にうれしい飛躍の年でした。でも、パーソナルには足を怪我してしまい、しばらくは家の中でも動くことができなくてとてもつらい年でした。今でも杖をついているんですよ。これは私の出生チャートにも現われていたので予想はしていたけれど、それでも厳しかった…。でもそんな時は、周囲の人々の支えが本当にありがたいですね。とても救われました。

さて、今日は今年話題になったセレブを振り返ってみました。私にとって今でも記憶に新しくショッキングだったのは何と言ってもタイガーウッズ選手。全く一夜にしてこれまで築いて来た世界ががらがらと崩れ去った感じですよね。あんなにまじめで家庭や家族思いの理想的なスーパースターだったのに。(というより、そのイメージを保ち続けていた?)離婚の話題も持ち上がったまま。いったいタイガーウッズ選手のチャートでは今、何が起こっているのでしょう。ちょっと見てみましょうね。こんな大きな出来事は、必ずその人のチャートが物語ってくれます。

タイガーウッズ選手は、1975年12月30日(山羊座の9度)に生まれました。この年末の12月31日には重要な月蝕が起こりますが、この月蝕は彼の太陽の正反対の蟹座の10度で起こります。(たった1度の差でまさに正反対)これは残念だけれど、妻のエリンが必ず彼のもとを去ることを物語っています。

それに、彼の水星は山羊座の25度にあって、次の「蝕」つまり1月15日(アメリカ時間で)の日蝕がまさに山羊座の25度ぴったりになります。何てことかしら。年に数回しか蝕が起こらないことを考えると、こんなにぴったりの角度になるのは怖いくらいです。水星は契約ごとを表わすので、これは結婚も含めた契約ごとがさらにどんどん破棄されて行くという印。誰もがこの日からタイガーのもとを去ってしまいます。そして今後もどんどん彼の本当の姿が明らかになって行くでしょう。本当に恐ろしいくらいです。

土星は今天秤座にあるけれど、彼のお誕生日の12月30日には上昇宮の乙女座に戻って24度のところに位置します。この角度は、この彼のお誕生日がまるで、9月11日のテロ事件後の呈を示すことを物語っています。というのも、この角度は乙女座の上昇の中でも最悪。一番抑圧されていて、まるで悪夢の角度なのです。

来年2010年の12月21日に起こる蝕は射手座に入っている彼の月に一度も違わずぴったり正反対のオポジションのアスペクトになります。(またしても「ぴったり」!)これは彼の不動産や住居が打撃を受ける印。それに、この月の位置を見ると、タイガー自身、相手の女性たちが不倫関係をこの時期に暴露することを、9月にはうすうすわかっていたはずです。

それにしても、今のタイガーのチャートはこれまでに見たどんなチャートよりもひどいものだわ。何だか本当にかわいそう。だって、これまでのことはまだ氷山の一角にすぎなくて、まだまだひどくなるとチャートが言っているから…。

今、奥さんのエリンのチャートも見てみてびっくり!彼女のお誕生日は1月1日で、彼女も12月31日の月蝕の打撃を受けることになっているわ。タイガーが12月30日生まれ、月蝕が31日、そしてエリンのお誕生日が1月1日。重なる時には重なるものですね。

二人が結婚したのは2004年10月5日の天秤座で、二人の太陽にスクエアのアスペクトでした。式自体はカリブ海のバルバドスでサンセットの時間に行なわれたので、牡羊座が上昇し、土星が蟹座の29度にありました。この土星の位置も、今年7月21日に起こった日蝕と「ぴったり」同じ。つまり、タイガーは、今年の夏から(遅くても9月には)こうなることを薄々わかっていたんだと思います。

また、挙式当日の月は蟹座の7度にあって、これからやってくる12月31日の月蝕とまたしても「ぴったり」同じ位置(ここまで来ると何だかぞっとしますね)。さらにあの日は、天秤座に水星、木星、太陽、火星の4つの惑星があってとても良い感じだったのに、今は現実を表わす星土星がその4つの惑星上を運行しています。厳しい先生であり監督でもある土星が、この4つの星それぞれの上をゆっくり運行して行くので、この厳しい現実はまだまだ続きます。この大晦日の月蝕のあたりには、何か大きなことが暴露するでしょう。

まるで二人のチャートには嵐がやって来ているようですね。見ているだけでも、胸が痛くなります。エリンもタイガーもきっと苦しんでいるでしょう。人は時おり、後悔するような大きな間違いを犯してしまうものですよね。何とかこの逆境を乗り越えて、また自分の素晴らしさを発揮できるよう祈っています。

では皆さん、あなたにとって今年がどんな年であっても、良いと思うことも悪いと思うことも、それから学ぶことができれば、いつか必ずそれが自分の魂の成長の糧となると私は信じています。2009年もあと数日。有意義に過ごしましょう!そして、良い年をお迎えくださいね。2010年が皆さんにとって素晴らしい年となりますように!

posted ny スーザン December 2, 2013 06:29 PM
in 占い | 固定リンク

December 21, 2009

携帯公式サイトがオープンしました。

みなさんこんにちは。

携帯用の私のサイト「スーザン・ミラー★占星術」がオープンしたんですよ。
すでに公開されている、パソコンのサイトとは、少し違う読み物もご用意していますし、占いのメニューも、携帯ならではのものが沢山あります。Mobile_qr1

私の未来予見が、日本の多くの方のお役にたつことができるよう、心から願っています。
是非一度訪れてみてください。

それではまた次回。

posted ny スーザン December 2, 2013 06:29 PM
in 占い | 固定リンク

December 09, 2009

読者の皆さんこんにちは。

ココログのブログに参加し、皆さんと触れ合えることをとてもうれしく思っています。

まだ私をご存知でない方のために、まず自己紹介をしますね。私はスーザン・ミラーといい、西洋占星術師です。1995年に私が作ったホームページ AstrologyZone は賞を獲得し、今では毎月600万人に昇る読者が1800万ページを読んで下さっているんですよ。

私は、母も西洋占星術師です。でも母の頃は、西洋占星術のエキスパートだなどとは 友人にも言えない時代でした。ですから、占いは家族のためのみに行いましたが、とても的を射ていました。私は14歳になった時、どうしても占星術を習いたくて母に頼みましたが、母はダメだと言って聞きませんでした。何度お願いしても「ノー」と言うのです。母は、私がまだティーンだったので、ちょっとかじっただけで友達を占い始めるのではないかと思ったのです。熱しやすいティーンの世代にはありがちなことですよね。母は、私にしっかりと準備ができていることが大切だと考えていたのです。それで私は母に、友人を占う前に、まず母について12年勉強すると約束しました。母は、本当にすばらしい先生でした。そのおかげで私は今、本を書き、世界中の雑誌に執筆しています。私の占星術師としての成功は、本当に母のおかげです。

私がそれほど占星術を学びたいと思ったそもそもの理由は、私が足に内出血を起こす障害を持って生まれたからでした。何度か手術で悲惨な思いをし、その一番大変なものが十四歳の時の手術でした。回復に4年かかると言われ、そのおかげで高校には通えないので、自宅通学をするよう言われました。悲しかったのですが、また健康になるには、その言葉に従うしかありませんでした。私は信心深いので、心から祈りました。でも私も人間です。卒業式のダンスパーティーにきれいなドレスを着たり、ハイヒールを履いて行けるかしらとか、他の友達みたいに、いつか私も普通の女の子の生活ができるのかしらと心配になりました。そして、わたしは自分の将来を知りたいと切に願いました。

それで、ついに母も私に占星術を教えてくれました。その後、わたしは普通に歩くことができるようになりました。そして、良くなったとき、私は初めて自分の住む町ニューヨークを出て旅する機会がありました。それでどこに行ったと思いますか?日本だったんですよ!5週間もです!母は、23歳の私が一人で日本に行くと言ったので、大変驚き心配しました。でも、ツアーに入るので大丈夫だと母を説得しました。これは、私の健康回復を祝うすばらしい旅でした。

そして完全に回復した私は、ニューヨーク州立大学に入学し、ビジネスを専攻しました。そして多くの新しい友人に恵まれ、大学を卒業しました。当時の母は、まだ私が占星術を知っていることは誰にも言わない方がいいと思っていたので、私もそれは秘密にしていました。
でもそれももう昔のことです。今は、ほとんどの時間を執筆に費やし、アメリカ版『エル』誌、韓国版『W』誌、トルコの『テンポ』誌、ヴォーグニッポン誌、そして私のホームページ、AstrologyZone(アストロロジーゾーン)に書いています。

今日は、私のブログを読みに来て下さって本当にありがとうございました。2010年には、ぜひ東京を訪問し、皆さんにお会いしたいと思っています。今はそれが私の夢です。
それでは、また次回も読みに来て下さいね!

posted ny スーザン December 2, 2013 06:29 PM
in 占い | 固定リンク

Main | January 2010 »