« カーディナル・クロス 影響と対処法 | Main | 娘との心温まるひととき »

September 22, 2010

カーディナル・クロス 最終回

みなさんこんにちは!

さて、今回は、カーディナル・クロスの最終回です。

前回土星と天王星のお話をしましたね。この二つの惑星は、私たちに圧力をかけ続け、維持すべき貴重なものが何かを決断し、新しくて革新的なものを受け入れてもう古くなってしまったものを置き換えるよう迫りました。人間は習慣の動物なので、新しいものを試すより、慣れたものにしがみつく傾向があります。宇宙はそのことを知っていて、私たちを大きく後押ししているのです。そして土星は、もうじきこれと同じようなダンンスを冥王星と踊ります。(このお話はまたあとで)

前にお話したように、スクエアのアスペクトというのは、私たちに障害をもたらすことによってある状況を脱する手助けをしてくれます。でも同時に、注意深くしていなければなりません。というのも、あなたは自分という船を臨機応変にうまく操縦して、しけに出あっても温かで穏やかな海へと船を無事に進めていくことを期待されているからです。また、オポジションというのは、その名の通り、二つの星が勢力争いをしている状態です。ただし、どのオポジションにも、必ず同じ強さでバランスをとり協力しようという力が働き得るのです。

究極的に物事がどちらの方向に転ぶかは、私たち一人一人にかかっています。さらに、それよりも以前にどのようなことがあったかに照らしてみなければなりません。毎月月初には何の過去もなく新たに生まれ変わる、などという人は誰もいないのですから。私たちは、これまで積み重ねて来た夢や目標や落胆、それに勝利といった全てを次の月へと引きずっていきます。あなたという人間は、小さなものも大きなものも含めて、これまでして来た数々の決断の結晶です。ですから、このグランド・カーディナル・クロスも、これまでに起こったことに大きく関わります。そしてあなたがして来た決断や行動の中でも、この変化の時期にはどれを変えるよう迫られるかがはっきりとします。

一つ、覚えていてほしい大切なこがあります。どんなクロスのアスペクトも、たった一日だけの出来事ではありません。もっともっと長い将来にわたって影響を及ぼします。占星術師によっては、クロスが起こった時点が中間地点だと見なす人もいます。つまり、その結果が完全に現実となるまでに数ヶ月もかかり得るのです。

ですから、今もその効力は続いています。弱くて壊れそうなものは壊れ、明らかに核心の部分が何らかの変化を起こさなくてはならないのです。このような極端に強い惑星のエネルギーは、人間関係であれ、何かのプロジェクト、投資契約、その他の事業や私生活であれ、欠陥があればそれが明らかになります。もう廃れたものや欠陥のある要素は、素早くふるい落とされて、捨て去られるか迅速に修理したりアドバイスを求めなくてはならなくなります。逆に、与えられるべき報酬が与えられていないならば、その報酬がやって来ます。

カーディナル・クロスのエネルギーには忍耐がありません。ですから、何かが起こるとすぐにそれに対処するよう要求します。このような疾風に押されては、だれもがすぐに対処せざるを得ません。でも、この強引な厳しいアスペクトは、他に類を見ないほど物事をはっきりと見せてくれます。つまり、宇宙がその力強い手で、自分では見えなかったことを見せてくれるのです。先にも言ったように、会わない上司のもとにいたり、恋人が自分にふさわしくなかったり、住環境があなたに合っていなかったり(あらゆる可能性がありますね)すると、カーディナル・クロスが突然その状況に終止符を打ち、あなたを素早く新たな状況に置きます。惑星がこんなに巨大な産みの苦しみを体験している時には、社会全体としても、新しくより開けた社会秩序へと動かされます。

カーディナル・サインの生まれの人々の中でも、各星座の始め(つまり、3月、6月、9月、12月の終わり)に生まれた人々がこうした変化を一番大きく受け、一番革新的な変化を体験します。

ただし、私たちの誰もが、ホロスコープのどこかにこのカーディナル・サインをもっています。ということは、誰もがある程度の変化を感じるのです。そして思い出してくださいね。このカーディナル・クロスの影響は今も続いています。この時期をしっかり乗り切れるよう、あなた達の幸運を祈っていますね。

posted ny スーザン December 2, 2013 06:29 PM
in 占い | 固定リンク

« カーディナル・クロス 影響と対処法 | Main | 娘との心温まるひととき »