« トルコのイスタンブールにて | Main | 2011年の予見 その5 »

December 31, 2010

2011年の予見 その4

みなさん、こんにちは!

それでは、2011年の予見、その4です。

前回は、2011年に起こる一連の蝕の話をしましたね。では、もう少し2011年に起こることをお話していきましょう。

2011年は、新しいもっと良い自分になる年にしましょう

年によっては、いくつもの楽な角相が起こって楽しませてくれる年というのがあります。そしてこの2011年には、そのような角相も起こりますが、あまりたくさんは起こりません。ですから、誰もが幸運によって前進するのではなく、よく状況を知った上での戦略的な動きをしたり、とにかく一生懸命意志を貫くことによって前進を遂げることができます。私たちは、良い角相が一年にわたってそこここにちりばめられているのに慣れて来ました。でもそのおかげで、今はどのような状況になってしまったでしょう。ここ数年は本当に混乱が渦巻く大変な年でしたね。ですから逆に、自分達の手でもっと未来をしっかりと制御して行かなければならない今は、実はもっと良いということです。

宇宙は息を吸い、息を吐きます。拡大と成長の時期は、制限と縮小によってバランスを取り戻すことになります。ここ最近のように惑星達がはっきりと声を大にして主張している時というのは、惑星達が私たちに自分を作り替えてほしいということです。惑星達のメッセージははっきりしています。イノベーションと再教育をすること。そうでなければ乗り遅れてしまいます。

物事を新たなやり方で行なう方法を見つけるのは、いつも楽なことではありません。でも、これはワクワクするような冒険にもなり得ます。アインシュタインはこう書いたと言われています。『事実が理論に合わない時には、事実の方を変えなさい』と。言葉を変えれば、行き詰まったと感じたなら、合わない事実を必要条件に使っていて、解決策を発見するのに間違った質問をしているのだ、ということです。その代わりに、質問を変えてみることです。ブレークスルーというのはそうしたときに起こります。解決策を見つけるプロセスで、ランダムな考えを取り入れみるのです。多くの発見は、全く関連のない事実や要素を、時には全くの事故から、新たな形でつなげてみる時に起こっています。

私たちは、手っ取り早い答えを得ることに慣れ過ぎています。そのために今私たちが抱えている問題をつくり出してしまったのではないでしょうか。楽な角相は私たちをちょっと怠惰にしてしまいます。でもこのところ私たちが感じている角相は、新たな可能性へと私たちを目覚めさせるでしょう。惑星達は、今後数年間にわたってぶつかり合い続けます。ただ、このところ起こっていたぶつかり合いとは違う形で(時にはもっと楽な形で)、私たちが強めるべき弱点を見せてくれます。ですから、本来宇宙というのはあなたの味方で、いつもあなたを励まし、あなたがよりベターなあなたになるのを助けてくれるものなのです。

生活に建設的なアプローチを

子供の頃、何かの危機状態が起こると大人達が、「まあまあ、大丈夫。全て大丈夫になるわよ」というのをよく耳にしましたが、私は私自身が自分の手で全てを大丈夫にするまで、何にも大丈夫になるなんてことはない、とわかっていました。今でも私はそう感じています。知人達が私をなだめようとして、「全ては何とかなるものよ」などと言い古されたことを言って問題から注意をそらそうとすると、鳥肌が立ちます。

占星術を学んだことで私は、もしも自分で解決策を見出さなければ、環境の方が私のために変化を起こすのだということがわかっています。それは蝕によってもたらされる出来事かもしれません。そしてそれが自分の望む形で起こるとは限りません。これは自分以外の人に自分の運命を左右する力を持たせてしまうということです。私は、それよりも自分で自分の人生の決断を下したいと思います。

小さい時に私は厳しい状況に直面しました。14歳の時、手術を受けて目が覚めてみると、私の命を出血多量から救うためには、片足を麻痺させなければならないと知らされたのです。片足の膝から下に何の感覚もなく、だらりと下がったままの状態になり、足を動かすこともできませんでした。その後私はその状態から回復するために、3年もの間にわたるフィジカルセラピーを受けなければなりませんでした。その間私は学校にも行けず、家での学習を余儀なくされ、高校生活という体験を断念しなければなりませんでした。それもこれも、3年にもわたって毎日病院で一日6時間にもわたる処置を受けなければならなかったからです。

そのようなつらい回復のプロセスを頑張り抜くことができたのは、私自身に岩をも動かすような固い決意が燃えていたからだということを私はわかっています。そのおかげで、しまいには重たい足の金具も松葉杖も捨てることができたのです。驚くことに、大学に(留年せずに)入った時には、私はハイヒールを履くほどにまで回復していました。高校生活を全て断念しなくてはならなかった私ですが、大学生活は全く休むことなく、卒業のダンスパーティーにもしっかり参加しました。

あなたの人格と性格があなたの運命を作ります

私に占星術を教えてくれた母は、よくこう言っていました。「ホロスコープは、必ずあなたが直面している状況を映し出してくれ、可能な解決策を提供したり、その状況をより細かく教えてくれるものよ。でもホロスコープが教えてくれるのはそれだけ。最終的には自分がその状況がどうなるかを決めるのよ。ホロスコープにはそれを教えることはできないわ」私もこれに同感です。

私の母は、占星術を学べば学ぶほど、個人の人格や性格、それにその人の意欲がその人の運命に一番大切なものなのだという確信を強めました。これらの資質は、その人のホロスコープの第一ハウスに現われるもので、あなたはそれを自分で活性化させることができます。この第一ハウスは、あなたのホロスコープ全体を動かすエンジンのようなものなのです。

何らかの危機が起こったり変化が起こったりした時には、それにエネルギッシュに対応し、勇気をもって生に望むのが一番良い対処の仕方だと私は思っています。でも、ただ単に勇敢で決断力を持つだけでは十分ではありません。もっと何かが必要です。

ジョン・F・ケネディーはこう書きました。『努力と勇気だけでは十分ではない。目的と方向性がなくてはならない』と。

新たな年を迎えるにあたって:2011年は、計画性を必要とする年

私たちは、調査をしたり、話し合いをしたり、熟考する時間をとって計画を立てます。

今は惑星達がケンカ騒ぎをしているので、この10年間収入を得て来たのと全く同じ方法で今後も仕事をし収入を得るという可能性はあまりありません。多分あなたももうそのことはわかっているのではないでしょうか。そしてもうすでに仕事の仕方の一部を変えたかもしれません。もしもどこからどう初めて良いやら見当もつかないならば、まず何か関連資料を読んだり、知り合いと話をしてみると良いでしょう。話した相手の中には、あなたが興味を抱いている分野で働き成功している人もいるはずです。(まごついたりあがいている人とはそのような真剣な話はしないようにしましょう。)そうした話や読んだことから得た情報を使って、何をどのように変えるか計画を立ててみましょう。

では、今回はここまでです。次回は最終回で、2011年の良いところを全てお教えします。きっと参考になるので、乞うご期待。

では、次回をお楽しみに!

posted ny スーザン December 2, 2013 06:29 PM
in 予見 | 固定リンク

« トルコのイスタンブールにて | Main | 2011年の予見 その5 »