« December 2010 | Main | February 2011 »

January 2011

January 20, 2011

2011年の予見 その5

みなさん、こんにちは!

それでは、2011年の予見、その5です。

今回はいよいよ最終回。前回に約束した通り、2011年の一番良いところをお教えしましょう。

今年は、とてもハッピーなアスペクトがあなたを待っていますよ。誰もがきっとその恩恵を被ることでしょう。でももちろん、あなた自身引っ込み思案にならずに外に出て、宇宙に対して自分の意図をはっきりと示す必要がありますよ。そうすれば、あなたが必要な時に大きな力であなたを助けてくれるスペシャルな日がありますよ。

2011年には、木星が三つのサインを運行します。

2011年の1月1日から22日まで、幸運の星木星がまず魚座を運行し、その後1月22日から6月4日まで牡羊座、そして6月の4日から2012年の6月4日までの一年間、牡牛座を運行します。木星が牡羊座に来るのは1999年以来で、牡牛座に来るのは2000年以来のことです。

今年一番最初に木星が成すアスペクトで、しかも一番重要なものは、1月4日に起こる天王星とのコンジャンクションで、今年木星が成すコンジャンクションの唯一のものです。これは希望と拡大のシンボルとなるもので珍しい角相です。今回このアスペクトが終わると、同じアスペクトは2024年になるまで起こりません。皮肉なことに、1月4日は今年初めての日蝕の日でもあり、山羊座で起こります。これは新たな始まりのシンボルで、仕事のマスターの土星がこの新月の日蝕に厳しいアスペクトを成します。そして、しっかり意識を集中し続けて、その分野のことをよく学んで精通し、高いスタンダードを保つようにと注意します。これは皆良いことですよ。

木星が牡羊座にあって、同じく牡羊座にある天王星と腕を組んでいるので、とてもエキサイティングな形で成長やイノベーションが促進するでしょう。木星は「火」のサインにいるのが好きなので、牡羊座にいるときにはそのあふれるばかりの豊かさを最高に発揮するでしょう。土星の配置が私たちを現実的にし、お金の扱いには慎重で注意深くしてくれるので、木星が無鉄砲に何かに飛び込んでしまわないよう抑えてくれます。ベンチャーキャピタルがよく流れますが、投資家達は厳しい質問をしてくるでしょう。見込みのあるアントレプレナーにとっては、投資資金を得ようにも全体的に投資が不足しているといった苛立たしい状態がなくなり、資金がうまく流れます。逆に、よく練り上げられていない不十分なビジネスプランを呈示するような人は、出直さなければならないでしょう。でもこれは当たり前のことですね。そうすれば、お金が一番良い場所に行くことになるので、皆が安全に守られることになります

木星が牡牛座に入る6月4日から2012年の6月4日までは、不動産の市場が勢いを得ます。これは、経済が2012年の10月に回復するのに大きな役割を果たします。牡牛座は歴史上土地や農耕と長い関わりがあります。そして木星が牡羊座に入っているこの期間には、金融市場を含むこれらの分野が改善します。

五つ星の日:木星と瞑王星がコラボレーションをする7月7日と10月28日

瞑王星が地のサインの山羊座に入り、木星も地のサインの牡牛座に入るので、これは素晴らしい印です!7月7日と10月28日には、木星と瞑王星が美しいトラインのアスペクになり、黄金の三角形をつくり出します。これは並々ならぬ成功を表わす真の印と考えられています。この日には大きな喜びがあることが期待できますよ。カレンダーに印をつけておきましょう。今年のベストの日の一つです。(木星と瞑王星はもう一度来年の3月12日に出会い、さらに強い力を発揮するパーフェクトなアスペクトとなります)

この2011年は、牡羊座と牡牛座にとって、そして魚座にとってもある程度、ワクワクできる一年となりますよ。それは、幸運を与える木星がこれらのサインにありとあらゆる形で祝福やラッキーな機会を降り注ぐため、一番見通しが明るくなるからです。でも、あなたがこの三星座の生まれでなくても、あなたのホロスコープのこれまでとは違った部分を明るく照らしてくれますから、希望を持って楽観的になる理由がいっぱいありますよ。

それに、ロマンス面も忘れてはいけません。今年は、私たちが生まれてから初めて海王星が魚座に入ります。それは4月4日から8月4日で、2012年に海王星が魚座に定着して14年間留まる時にどのようなことが起こるか、プレビューを見せてくれますよ。

海王星が魚座に移行:2012年から2025年までロマンス面に幸運が。2011年にはそのプレビューが見られます。

海王星が魚座に入ると、ロマンス面が大きな支援を得ます。人々が互いにどのような関わりをするようになるか、大きな変化が現われるのは2012年のことになりますが、今年はそれを少し味わうことができるでしょう。海王星は今まで水瓶座に入っていて、友好的ではあったものの、ちょっと距離を置いています。水瓶座はあらゆるデジタルものを含む新たな発明の全てを司り、電子機器を使ったりインターネット上でのコミュニケーションを押し進めて来ました。私たちはインターネットが大好きで、それが生み出したあらゆるインテリジェントなデバイスが大好きです。でも同時に、これらのものは人の心と心の間に距離をつくり出してしまいました。たとえば、メールで交際相手をふったりふられたり、ほとんど、あるいは全然顔を合わすことなく交際を続けたりといったように。

魚座は海王星にとってのホームベースです(海王星は魚座を司る支配星)。ですから、愛情面に関し、優しくて思いやりのある環境をつくり出してくれます。また、魚座にある海王星は、アートの面で個性的で創造的な表現をすることを奨励します。これは2025年まで続く長期のトレンドです。

これでわかるように、2011年には楽しみにできることがいっぱいありますね。ですから、シャンペンを冷やして、乾杯の準備をしましょう!今年はビッグな年になりますよ。そして、このところあなたが過ごした年よりも、もっと良い年になるでしょう。それは誰にとっても良いことですね。

ではお別れに、私が気に入っている二つの格言をプレゼントします。2011年をぴったりとうまく表現していますから、身近に置いてみてください。

「岸が見えなくなるところまで行く勇気がなければ、大海を航海することはできない」 by クリストファ-・コロンブス


「人生とは、自分が誰かを見出すことではなく、自分を創造することだ」 by ジョージ・バーナード・ショー

posted ny スーザン December 2, 2013 06:29 PM
in 予見 | 固定リンク

« December 2010 | Main | February 2011 »