« プリンス・ジョージ・アレクサンダー・ルイはどんな星のもとに誕生したのでしょう?スーザン・ミラーが鑑定します! | Main | スーザンさん「2014年の予見」N.Y講演no »

September 26, 2013

第2弾!あのテレビドラマ『マッドメン』の主人公ジョン・ドレイパーをスーザン・ミラーが鑑定!

みなさん、スーザンさんの代理人のY子です!

お待たせ致しました!大きなニュースがあってちょっと中休みしましたが、以前のブログで公開したテレビドラマ『マッドメン』の出演者たちの鑑定報告の第二弾です。

今回は約束通り、ドン・ドレイパーの出生ホロスコープをもっと細かく見て行きましょう。


ドン・ドレイパーの出生ホロスコープ

ドン・ドレイパーはきっと上昇宮が蠍座だと私は思うわ。ドンは秘密主義的なだけでなく(これは蠍座の一番際立った特徴)とてもセクシーで人当たりがよく洗練されています。まるで007のようね。これらのステキな特質は常に蠍座と結びつけられています。寝室で見る彼のまなざしには、抗いがたいものがあるでしょう。蠍座は最もセクシーな星座だといわれ、ドン・ドレイパーはまさにそれにぴったり。女性が遊び人だとわかっている彼の元に何度でも戻ってくるところをみると、ベッドでのテクニックにも長けているようね。

上昇宮が蠍座だとすると、彼の出生時の天王星(天才)と火星(行動と意思)は創造性を表わす第5ハウスに入ることになるわ。これも広告業界にいる彼にぴったりと当てはまります。広告キャンペーンのアイデアにかけては際立つ才能を示し、自分のアイデアをクライアントに売り込むことにも長けています。そしてそれも、典型的蠍座のやり方で。鍵となる要点に意識を集中し、売り込みに関係のないポイントに言葉をムダにすることは決してありません。これは多分誰よりも蠍座の得意とするところです。蠍座は鋭く抜け目のないビジネスを行なう星座として知られ、直感力も鋭く、このこともよく彼にマッチするでしょう。

さらに、私の思うとおり蠍座が上昇宮だとすると、ドンの出生時の土星は蠍座に入り、人格を表わす第一室にあります。つまりドンにはとてもシリアスな側面があることになります。『マッドメン』のストーリーでは、彼にはまさにそんな側面がありますね。シーズン6のプレミアで彼がクライアントにハワイを売り込む場面で、彼が驚くほどの哲学的な一面を見せたでしょう。これには彼の死生観も含まれていました。

双子座というのは、兄弟姉妹との関係が複雑になる傾向がありますが、双子座として描かれているドン・ドレイパーも、弟のアダムと難しい関係にあります。蠍座に入っている厳格な土星は、ドンの兄弟姉妹を司る第3ハウスを支配しているの。弟のアダムは、ドンが広告キャンペーンで賞を受賞している写真を新聞で見、兄を捜し出します。アダムは兄が朝鮮で殺されずに生きていたという事実に驚き、ショックを受け、同時にワクワクします。

でもドンは、自分の過去を完全にシャットアウトすることを望んでいたので、弟が連絡を取って来たことに愕然とします。ドンはアダムに5000ドルの入った封筒を与え、お金を与えるのはこれが最後で、もう二度と会いたくないことを告げます。アダムはお金など無心しなかったし、ただ兄との関係を持ちたかっただけだったのに。そんなアダムは深く傷つき、鬱状態に陥って結局自殺します。その後のエピソードで、アダムにひどい仕打ちをしたドンが罪の意識を感じ、苛まれ続けることが描かれています。ドンは自分の過去を消すことがそんなに簡単ではないことを悟ります。

出生時の土星は彼の出生ホロスコープの海王星に厳しい角度を成しているので、彼が弟にひどい仕打ちをしたことも頷けます。それに、ドンの幼少時に誤解で実際何が起こっていたのか、彼が誤解をしている可能性も暗示されています。つまり、彼の天球図は、彼が幼い頃、家庭で実際に起こっていた真実を理解していなかったことを示しています。このことだけで一つのエピソードができるでしょう。

最後に、ドン・ドレイパーの第一室である蠍座に土星が入っているということは、この土星が彼の人格を支配するばかりでなく、肉体的なバイタリティーをも支配しています。土星のこの配置は、ドンの喫煙や飲酒がゆくゆくは彼の健康に悪影響を及ぼすことを示しています。今のドンは自分の健康に無関心に見えるけれど、将来的には気がかりになる可能性が大。あるエピソードでは、彼が歯痛を無視し続け、ようやく歯科医を訪れた時には、歯科医がもう少し来院が遅れていたら、ひどい膿瘍を起こしてその(ハンサムな)顔が変形してしまうほど顎の骨を摘出しなければならなかったかもしれないと言います。幸運や幸福を得るために自分の美貌に頼り人に抜きん出た彼に取っては、これは身震いするような瞬間だったに違いありません。

土星というのは、私たちがルールを守り、思慮分別のある大人であることを要求します。土星は常に賢明でない行動(あるいは行動の欠如)にそれなりの結果をもたらします。ドンは健康に気を使うことの出来る今のうちにそうしておくのが賢明でしょう。

ドンは女性を追いかけ続けるかしら?これはシーズン5の終わりを飾る疑問でしたね。残念ながら、その答えは「イエス」。シーズン6のプレミアでは、ドンは近所の人妻と一緒にいちゃついていたから。これが彼の2度目の結婚や幸福にどのような影響を及ぼすかは、時が教えてくれるでしょう。

自分の過去がゆくゆくは何らかの方法で、良きにつけ悪しきにつけ暴露してしまうことを彼は感じているようです。今トランジット中の土星を見ると、ドンの内省的な一面が現われ始めるだろうことがわかります。多分わたしたちは今まさに、悔恨の情に満ちたドン・ドレイパーの新たな一面を見ることになるでしょう。それは、チャーミングな魅力と良いルックスで首尾よくやって来た恵まれた男というだけでなく、今後自分がこの世と自分の子どもたちに残していくレガシーについても熟慮する賢明な人物として。今後はドンに変化が現われることになりそうね。彼の人物像には、新たに成熟した側面が表われる可能性があります。それが、悲劇の主人公となるのか、人に啓発を与える人物像になるのか・・・。それはドン自身の決断にかかっています。

それではまた続きをお楽しみに!


スーザンより

posted ny スーザン December 2, 2013 06:29 PM
in 占い | 固定リンク

« プリンス・ジョージ・アレクサンダー・ルイはどんな星のもとに誕生したのでしょう?スーザン・ミラーが鑑定します! | Main | スーザンさん「2014年の予見」N.Y講演no »